« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月24日 (水)

切り絵 祭18  立佞武多「鬼が来た」

Photo

     立佞武多 「 鬼が来た 」

 2011(平成23)年8月     710 × 295

                     ●画像の転用を禁じます

 東京ドームで、青森県だけのふるさとフェアが開催されたことが

あった。狭いドームの中に全国が集まりひしめき合うといういつもの光景

ではなく、一つの県だけでドームを独占するという特色のある催しだった。

そこに持ち込まれたのが 立佞武多「鬼が来た」 である。まさに

東京ドームに鬼が来たというもので、鬼の大きさ、佞武多の高さに圧倒

された。ドームの中を見下ろすように引き回された佞武多に、見学者は

皆感嘆の声をあげていた。

 その時の感動を切り絵にとの思いを 「白神」 の完了とともに、一気

に 「鬼が来た」 に込めることができた。

2011年8月18日 (木)

切り絵 祭17  立佞武多「白神」

Photo

       立佞武多  「 白 神 」

      2011(平成23)年7月    710 × 295

                  ●画像の転用を禁じます 

  青森県五所川原市の夏祭りを彩る勇壮な「立佞武多 白神」が

東京千代田区の「丸ビル」一階ロビーに展示されたという新聞記事が

掲載されたことがあった。高さ20メートル、重さ約15トンの「白神」は

「自然の怒り」をテーマにしたという。新聞記事に掲載された迫力ある

「白神」の写真をみて切り絵にしたく挑戦した。下絵がある程度書き上

がったものの、白黒のバランス表現でいまいち切るまでの意欲がなく、

長くそのままになっていたがやっと先月完了した。

  完了して早くのり付けをとあせったせいか、できたものは反対のもの

になってしまったが、このようなものと思えば気にならないかなと自分自身

を説得させている。 

2011年8月12日 (金)

切り絵 風景21  「湖上の河童像(白黒)」

Photo

      「湖上の河童像(白黒)」

 2006(平成18)年2月    715 × 470 

                     ●画像の転用を禁じます

 猛暑日がこのところ続き、熱中症で倒れる人が増えている。

早朝のすがすがしさを味わうべく早起きをしても、セミの鳴き声

にじゃまをされる。7月中はセミの鳴き声を聞かなかったが、

気温の上昇とともにでてきたようだ。

  切り絵も白黒作品のほうが夏の涼しさを感じ取れるようだ。

このところ白黒のもので作品を仕上げている。下絵のままで

手がつけられなかった立佞武多「白神」  「鬼が来た」 。

白黒のバランスをどのようにするかで迷っていたが、やっと完成

することができた。これで気が晴れたのかやはり下絵で放置され

ていた「手筒花火」にも取り組むことができている。ここしばらくは、

白黒の作品で進めていきたい。

2011年8月 7日 (日)

切り絵 風景20  「湖上の河童像」

Photo

         「 湖上のカッパ像 」

      2006(平成18)年2月    715 × 470

                        ●画像の転用を禁じます

 我孫子市の手賀沼親水公園にある河童像をモデルにした。

蓮の群生地は、対岸の柏市(旧沼南町)側にあるが、河童像の

周囲を固めるのに活用させてもらった。

  早朝に出かけると、蓮が開花している姿を見ることができる。

かつては水質汚染で話題となった沼であるが、だいぶ改善されて

きている。

2011年8月 1日 (月)

切り絵 祭16  「雄呂血」

Photo

                        「 雄 呂 血 」

 1997(平成9)年        470 × 710

                          ● 画像の転用を禁じます

  戻り梅雨ということで、7月末に新潟県三条市や福島県で豪雨の被害が

あった。また牛が食用にしていた稲藁から基準値を超える放射線が観測され、

牛肉の全頭検査が実施されるという。お米のとれどころの新潟・東北で水害

や放射能の土壌汚染も危惧されると、食品に対する不安感がますます増して

くる。

 このような重苦しい雰囲気を一蹴するように、あす2日から青森のねぶた祭り

が開催される。昭和43年の夏に、そのころ乗っていた船が青森に入港したので

見学したことがある。当時はまだ全国から見学に押し寄せるというようなものでなく、

のどかな感じで見られたようだ。機会があったら青森のねぶた祭りと五所川原の

立佞武多を再度見学したい。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »