« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月20日 (木)

切り絵 祭29  川越祭り17 「頭」

15

  川越祭り 各町内シリーズ 

   新富町二丁目 「 頭 」

    2005(平成17)年4月     710 × 295

                   ●画像の転用を禁じます

  この新富町二丁目の山車は、平成21年に2年6ヶ月かけた

 修理工事が完了した。平成17年に手掛けた作品なので、現在

 の山車とはちがったものになってしまっている。

  平成9年に始めて川越祭りに登場したとのこと。私が始めて

 見たのは平成16年ごろか。特徴のある形で、彫りものなども

 隅々まで堪能したい気分にさせる。

  修理が完了した現在の山車を、また扱ってみることを目標に

 していくか。

 

2012年9月10日 (月)

切り絵 祭28  川越祭り16 「今」

Photo_2

 川越祭り各町内シリーズ16  今成2「 今 」

     2004(平成16)年5月     710 × 295

                       ●画像の転用を禁じます

 今成の2作目。山車全体を取り入れたもの。今成の山車は

小さめなので他の町内よりも画面の中に大きく描くことができる。

山車は小さいが、町内はよくまとまっていて、元気よく引き回す

姿は一段と一目をひきつける。

  祭り衣装を着て参加している女性陣の中には、今風の雰囲

気を醸し出す人が多くみられた。

 

 

2012年9月 1日 (土)

切り絵 祭27  川越祭り15 「希」

Photo_2

  川越祭り各町内シリーズ  今成1  「 希 」

    2004(平成16)年5月     710 × 295

                       ●画像の転用を禁じます

  川越祭りも来月にと、迫ってきた。人それぞれの故郷の祭り

があるように、この時期になると祭り囃子が自然と聞こえてくる。

 風が吹くと、落ち葉が目立つようになったり、セミの鳴き声も

夏を惜しむような鳴き声になってきたりと、秋の気配をより感じる。

仕事をしていても、汗の出方が一時期より減ってきている。猛暑日

の連続記録を更新したこの夏も、なんとか元気に過ごせた。

  火野正平さんの「こころ旅」。人生下り坂、でも最高と各地を訪ね

ている姿に元気をもらっている。人の作品をみると、自分の非力さを

思い知らされるが、イメージが湧かないものを追い求めてもしかたない

ので、まずは一点ごとの作品を完成させることに心がけていきたい。

 

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »