« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月31日 (水)

カレンダーカットに採用

  昨年の第35回記念日本きり絵美術展に出品した

 「関宿城から富士を望む」が、ある出版社発行のカレンダー

  カット(’14年版)に採用されたとの連絡を、きり絵協会から

 いただいた。

  この絵は、遠景に富士を、そして千葉県の関宿城から利根川

 を越えて、茨城県の境町に至るまでを表現。雪景色なので、

 黒の使用は最小限におさえたが、これがきり絵と言うよりも水彩

 画的表現と受け止められるようだ。

  自分の思いを表現するにはこの方法しかないと取り組んだので、

 認めてくれる人もいると思うと、嬉しさがより増してくる。

 このカレンダーが、どのような形になって発行されるのか。今の

 段階ではわからないが、一つ楽しみが持てた。

Photo

       「 関宿城から富士を望む 」

2013年7月21日 (日)

切り絵の世界 彫刻76 「世親1-2」

Photo

            「 世親 1-2 」

 

     2011(平成23)年6月    485 × 337

                    ●画像の転用を禁じます

      運慶の仏像を目標にしている仏師・松本明慶さんの創作活動

   を追ったドキュメンタリーが紹介されていた。

  観音菩薩を依頼され、これまで2体の像を彫ったものの納められない

 でいるとのこと。若いころに感銘を受けたミケランジェロのピエタ像を見

 て、現状の打開を図りたいと模索する姿を追い求めていた。

  20代で彫りあげたピエタ像をみて、菩薩像を彫るが、まだ思いが感じ

  られない。そのあと、50代、80代と死の直前まで手掛けていたピエタ

  像を追い求めていくことで、慈愛に満ちた菩薩像の表現を完成させる

  ことができた。仏像をしばらく眺め、鋭い目つきから一気に鑿を走らせる

  場面は圧巻。

   現地でロマノ・コーシという彫刻家と出合い、その作風に感銘を受け、

  明慶氏自身の右腕の彫刻を彫りあげる場面も感動した。

 

Photo_2

1


 

2013年7月18日 (木)

さしま郷土館ミューズ 「切り絵展」

  出品作品の「山車揃え」について、展示の修正をして

 くれたとの連絡があったので、さっそく訪ねてみた。

 額を横にしての3枚綴りなので、かなりスペースを必要とする。

 他の展示作品への影響を心配したが、私の作品の移動だでけ

 済んだようだ。迅速に対応していただき、大変ありがたく、感謝

 を申し上げたい。

  Soroe

           「 山車揃え 1・2・3 」

  

   会場の様子(部分)

 1

5

7

6

2013年7月16日 (火)

さしま郷土館ミューズの「切り絵展」に行ってきた

   坐骨神経痛で痛めた右足も回復してきたので、さしま郷土館ミューズ

 で開催されている「切り絵展」にいってきた。

   茨城県で活動している方を中心に、千葉県と埼玉県の人が集まって

 計15名の作品が展示されている。それぞれ、個性的な作品が展示され

 ているので、興味関心のある人には是非観覧を薦めたい。

  この展示会場の地区である坂東市で、切り絵同好会を開催しているの

 を知り、今年1月からお世話になっている。

  その同好会の講師、和田賢次氏の作品は、花をテーマにしてさまざまな

 構図から、細かい図柄の作品を完成させている。

  今回、特に参考になったのは、斎藤幸子氏の作品であった。伝統的な

 図柄であるが、現代的な表現で作品化を図っている。見たままでとどまっ

 ている今の自分には、とても参考になるものであった。

  ひとつ残念なことは、私の展示作品「山車揃え」が、横一線でなく、縦に

 並べて展示されていた。事前に展示方法を示していただけに、何の連絡

 もなく、会場の展示スペースの都合で変えてしまうとの対応は、いかがな

 ものか。

2013年7月12日 (金)

さしま郷土館ミューズ にて「切り絵展」

 明日7月13日(土)から9月6日(金)まで、坂東市のさしま郷土ミューズにて、

「魅惑の切り絵展~現代切り絵作家秀作展~」と題して作品展が開催されます。

この作品展に私の作品も展示しますので、ご案内します。

331373170323_40

331373170360_40

    坂東市山2726

  「山」という、この住所の通り山の中での閑静な環境で、

 鑑賞などにはうってつけの場所ではないか。

       

私の出品作品

3

Photo

2

 「川越祭り各町内シリーズ 山車揃え 1・2・3」

    

2_2

        「   波 と 龍  」

     

Photo_2

            「 羊山公園 」

       

Photo_3

          「  豊 田 城  」

         

Photo_4

             「 小江戸川越 」

          

Photo_5

     「 関宿城の四季~ 降雪の朝 」

  出品作は、私の主なテーマとしている祭り・彫刻・風景

 を紹介したいとの思いが込められている。風景は四季を

 通したものにと選出したが。

   他の作品を見学できる良い機会であると楽しみにし

 ている。

2013年7月 1日 (月)

切り絵の世界 彫刻75 「世親 1-1」

Photo

            「 世親 1ー1 」

    2011(平成23)年5月    485 × 337

                     ●画像の転用を禁じます

  平成9年の1月から3月にかけて、東京国立博物館において

  南円堂平成大修理落慶記念と題して興福寺国宝展が開催さ

  れた。金剛力士像や多くの仏像が展示され、図録を見るたびに

  もっと詳しく見ておけばとの思いが強くなる。

   無箸・世親像も展示されていたが、当時は迫力ある他の仏像

  に関心が寄っていて、地味な無箸・世親像の良さを気付くまでには

  至らなかった。図録を見返しては、再度本物に会いたいと思う仏像

  の一つである。

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »