« 切り絵 彫刻71 「世親1-2」 | トップページ | 切り絵 彫刻72 「世親1-3」 »

2013年7月31日 (水)

カレンダーカットに採用

  昨年の第35回記念日本きり絵美術展に出品した

 「関宿城から富士を望む」が、ある出版社発行のカレンダー

  カット(’14年版)に採用されたとの連絡を、きり絵協会から

 いただいた。

  この絵は、遠景に富士を、そして千葉県の関宿城から利根川

 を越えて、茨城県の境町に至るまでを表現。雪景色なので、

 黒の使用は最小限におさえたが、これがきり絵と言うよりも水彩

 画的表現と受け止められるようだ。

  自分の思いを表現するにはこの方法しかないと取り組んだので、

 認めてくれる人もいると思うと、嬉しさがより増してくる。

 このカレンダーが、どのような形になって発行されるのか。今の

 段階ではわからないが、一つ楽しみが持てた。

Photo

       「 関宿城から富士を望む 」

« 切り絵 彫刻71 「世親1-2」 | トップページ | 切り絵 彫刻72 「世親1-3」 »

作品展」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1392482/52680039

この記事へのトラックバック一覧です: カレンダーカットに採用:

« 切り絵 彫刻71 「世親1-2」 | トップページ | 切り絵 彫刻72 「世親1-3」 »