« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月21日 (土)

切り絵の世界 彫刻79 「平将門像1-2」

Photo_2

                「 平将門像 1-2 」

 2013(平成25年)9月6日      710 × 470

                       ●画像の転用を禁じます

   紺と緑の台紙を使用した、2枚切りの作品。先に反映した

 将門像は、紺の台紙に白い紙で裏打ちした。

  この作品は緑の台紙に、色の濃さが違う二枚の水色系裏打ち

 用紙を使用して、作品化を行った。掲載する際に、色彩の

 補正を行ったが、かえって色の違いが分からなくなってしまっ

 たようだ。

   現在、縁があって和田賢次先生の切り絵同好会に参加

 している。メンバーの作品展が、坂東市の神大実分館にて

 実施されているので、ご近所の方にはご覧いただけると

 ありがたく存じます。

2013年9月10日 (火)

切り絵の世界 彫刻78 「平将門像1-1」

Photo

          「 平将門像 1-1 」

 2013(平成25)年9月6日   710 × 470

                       ●画像の転用を禁じます

  将門生誕1111年とのことで、今年の11月10日に行われる

 坂東市の将門祭りは盛大に実施されそうだ。

  この将門像は、市立図書館の前に建立されていたものを

 モデルにした。入口には、将門の物語をレリーフにした作品が

 設置され、さすが本場の土地柄だとうなずけられる。

  今日、「切り絵作品展」が開催されていた猿島ミューズの担当者

 の方から連絡があり、私の切り絵作品も見学者の方に人気が

 あったとのうれしい一言をいただけた。

   影絵作家の藤城清治さんの作品への取り組みが、テレビで

 紹介されていた。89歳の年齢で、生の人間を主人公にした作品

 作りに取り組むことができたと、「風の又三郎」の作品化を通して

 なお意欲的に取り組んでいる姿を映し出していた。

  このような生き方を少しでも学んで、見える形にしていきたい

 ものである。

 

2013年9月 1日 (日)

切り絵 祭34  「津久舞」

Photo
                       「 津 久 舞 」

 2004(平成16)年8月    710  ×  295

                      ●画像の転用を禁じます

   毎年、7月に行われる祭礼行事。10メートルぐらいの支柱

  によじ登り、五穀豊穣を祈願する舞を奉納したあと、一気に

  ロープを利用して降りてくるというサーカスのような奇祭である。

  茨城の龍ケ崎にも同じような行事が行われている。

   この夏は、祭りに関するニュースには、雨で花火大会が中止

 になったり、屋台で爆発事故があったりと、あまりよくないことが

 続いていた。「津久舞」も、もう少し早く提示しておきたかったが、

 このようなことで出す機会がなかなか掴めなかった。

  夏休みが終わりとなったら、暑い日がまたぶり返してきた。

 秋の気配は感じられるので、実感として捉えられる日が早く

 きてもらいたいものだ。

 

 

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »