« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月 9日 (土)

彩蜜和紙絵 八木天水個展見学

 知人から、柏駅の高島屋市民ギャラリーにて、押絵の作品展が開催されている

から見に来ないかとのこと。私の作風を知っているので、参考になるとのことで

連絡をしてくれた。

 柏に行くのも久しぶりだし、画材の購入もしたいと出かけた。8階の会場は

エレベーターで降りたすぐ前のところ。すぐに多数の作品が展示されている

のが目に入った。

 入り口で知人に挨拶。作者の八木天水氏にも紹介してくれた。会場全体に

大小さまざまな桜をモチーフにした作品が展示してある。

 押絵の技法を用いた作品であるが、「密和紙絵」と称してなく、あえて

蜜和紙絵」としているのが、作品を鑑賞していくうちに納得できるもので

あった。

 桜が満開になっている場面を描きたいと思ってはいるが、なかなか表現

できない。中島千波氏の桜絵図も、ため息がついてとても描ける世界では

ないと思い知らされる。

 八木天水氏の作品も、彩蜜表現で、数々の場面を実に細かく丁寧に、描い

ている。筆は全く使用していないとのこと。遠近感や影、岩肌や樹木の表現、

水の流れなど、どれをとっても構図の切り取りの中で、色鮮やかに再現され

ている。

 作品はわたくしどもの手では購入できない金額なので、作品集で今後の

制作活動に役立てていきたいと思っている。

 会場を去るとき、八木天水氏から「お互いに頑張りましょう」と声をかけて

いただけた。まことにありがたい励ましをいたき感謝したい。

Dscn4610

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »