« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月 3日 (月)

川越の展示会終了

  川越市の服部民俗資料館のギャラリーを借用して開催した切り絵の作品展は、

雨の空模様を心配したが昨日は夏日の気温を記録し、汗を拭きながらの展示で

あった。

 川越を観光で見学に来る人は多いので、その人たちがついでに立ち寄ってくれる

と期待して開催したが、その思惑は見事に外れた。

  特に昨日の日曜日は、土曜日より見学してくれると意気込んでいたものの、ほと

んど素通りという結果であった。

 しかし、見学した人の中には蒼山日菜さんに刺激を受けたと、作品の数々をスマー

トホンの画像で見せてくれた若い女性がいた。素晴らしい技術をもっているので、コン

テストに応募し、力をつけていくといいのではと話してみた。みごとに力を発揮して彼女

なりの世界観がみられることを期待したい。

 また、熱心に売り場の切り絵作品を見ている男の人がいたので、声をかけてみると、

この方も切り絵をしているというブラジルの人であった。クリアーファイル2冊がふくらむ

ほど作品をもっていた。興味を持った切り絵の作品や浮世絵など、細かいところもきれ

いな切り口で仕上げていた。しっかりした技術を持っているので、オリジナルの作品を

作って展示する機会をもってみればと励ましてきた。新たな転機になるといいのだが。

 ひとごとでなく、切り絵の魅力にひかれ、技量を高めている人は数多くいるということ。

じぶんとしてもこれを機会により努力をしなければと感じた展示会であった。

 

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »