« 切り絵 祭41  「石見神楽 大蛇」 | トップページ | 切り絵 祭42 「石見神楽面職人」 »

2017年5月 2日 (火)

切り絵行灯を見学

 

Img120

  流山のカフェに行った次女から、「切り絵行灯」のパンフレットを

 もらった。

  流山市に在中の飯田信義氏が切り絵を担当し、長谷部年春氏が

 行灯の製作をしたとのこと。行灯6基からスタートし、現在87基の

 行灯が設置されている。

  近くのことだし、ぜひ見学したいと、事前に見学コースを計画して

 今日出かけてきた。天気が良かったので、全て走破出来ると出発

 したものの、実際に探すとなると確認するまでに案外手間取って

  しまった。8エリアあるうち完了したのは2エリアで、また後日見学に

 行ってみたい。行灯とのことで、昼間よりも夕方のほうが風情がある

 ようだ。時間帯にも配慮が必要か。

  谷中の商店街を見学したとき、切り絵の看板が両側に描かれて

 いた。このイメージで出かけたが、行灯の中の切り絵が小さく、

 せっかくの主題がもったいなく感じた。

 

« 切り絵 祭41  「石見神楽 大蛇」 | トップページ | 切り絵 祭42 「石見神楽面職人」 »

日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1392482/70446757

この記事へのトラックバック一覧です: 切り絵行灯を見学:

« 切り絵 祭41  「石見神楽 大蛇」 | トップページ | 切り絵 祭42 「石見神楽面職人」 »