地域

2010年12月 4日 (土)

伝統的な洪水対策

 江戸川と利根川に挟まれ特異な地形をもつ野田市では、

特殊な洪水対策が営まれてきた。

 9月に放映された「アド街ック天国」の野田情報で、

舟積み問屋「舛田屋」洪水対策が紹介された。

煉瓦作りの門柱に堰板を2枚はめ込み、その間に

土嚢を積んで水の浸入を防ぐというもの。

1 082

(写真 アド街ック天国より)

低い土地での洪水対策として、屋敷の周りを煉瓦塀で囲み、

出入り口の一か所を、いざという時に塞ぐ方法をとっている。

 関宿城博物館には、水塚(または水屋などともいわれる)

の模型が作られている。屋敷内に塚をもり、この一段と

高くなったところに2階建ての納屋をつくり、洪水の

さいは、この2階で生活をするというもの。

 しかし関宿城博物館のホームページには、この水塚に関する

記事はない。探してみると「周辺スポット」の「ぶらり散歩コース」

から「NO19」で水塚を紹介している。特殊な洪水対策なので、

詳しく紹介するページがあってもと思うのだが。

  「志木まるごと博物館 河童のつづら」では、水塚

に関する記事が、「宗岡の水塚群エリア」と題してくわしく紹介され

参考になった。埼玉県の志木方面でも、この高台方式が広がって

いたということを知った。

 中部地方の河川に存在する輪中堤など、その地域に存在

する伝統的な洪水対策は? など興味が広がる。

 

 

 

 

 

2010年11月27日 (土)

2004 Sky Festa in NODA

野田紹介の「アド街」で関宿滑空所が紹介された

普段はグライダーの滑空に使用されているが、

2004年に民間の航空ショーが開催され、そこで

複葉機の2機によるアクロバット飛行が展開された。

ブルーインパルスが行うような飛行場と違い、土手の

河川敷という立地で身近に見学できたこということは

大変ありがたかった。

 このアクロバット飛行は、エアロックという民間で唯一の

アクロバット飛行チームだったということを最近知った。

 ロック岩崎という航空自衛隊を退官した人が立ち上げ、

この年はサニー横山というパイロットとのペアでアクロバット

飛行を展開していたという。

 おしくもロック岩崎氏は、これから約半年後の4月に、飛行

練習中の事故で亡くなられた。現在は横山氏が後継者となって

活躍中。

 その2004年の様子を残しておきたい。

( ※ JA22AR 岩崎機   JA11AR 横山機 と思われる ) 

Photo

 JA22AR 岩崎機の離陸

Photo_2

 岩崎機のアクロバット飛行

Photo_3

JA11AR 横山機の離陸

Photo_4

横山機のフライト

Photo_5

1

両機のアクロバット飛行

Photo_6

その他各機種によるデモフライト

2010年11月15日 (月)

江戸川水運

 野田を紹介した「アド街」で、醤油を江戸まで運搬したルートを

たどってみた。どのようなルートで運んでいったのかを、映像で

見せてくれた興味ある企画であったと思う。再度検証してみたい。

(写真  アド街ック天国より)

①野田市中野台の江戸川、上河岸から出発

Tizu

Photo_3

Photo_4

②葛飾橋付近で東京都に入る

Photo_5

Photo_6

③江戸川閘門を入って、旧江戸川に

Photo_7

Photo_21

④新川東水門を通って中川へ

Photo_9

⑤中川・荒川を通過し、荒川ロックゲートから

旧中川に入る

Photo_8

Photo_11

Photo_10

Photo_20

⑥旧中川から小名木川へ。

小名木川は海へ出ることなく

隅田川に入れるルートだという。

Photo_12

⑦進開橋を通過して隅田川に合流

Photo_13

Photo_15

⑧清洲橋、豊海橋を通過して日本橋川に入る

Photo_16

Photo_17

⑨湊橋を通過して、日本橋小網町の河岸

にたどり着く。ここで荷揚げを行う。

Photo_18

Photo_19

 ここまで半日のルートだという。江戸時代の水運のとき、このような

閘門やゲートが存在していたのか疑問点があるが、小名木川の役割

がおもしろい。小江戸と呼ばれた川越も、新河岸川を利用して江戸と

の関係を深めていたが、おおいに興味を広げさせるものになった。

2010年9月19日 (日)

「出没アド街ック天国」で野田を紹介

 9月18日(土)21:00のテレビ東京「出没アド街ック天国」

にて「江戸薫る秋の穴場!野田」と題して野田市を取り上げた。

紹介されたものを再掲して、興味のあることを改めて調べてみ

たい。

 1  江戸川・利根川の水運

    特に醤油を江戸まで運んだ野田の上河岸から日本橋

   小網町の河岸までを検証

 2  世界に誇る「キッコーマン」

 3  雨乞い神事ー「津久舞」

 4  登録有形文化財「市民会館」

 5  野田の煎餅

 6  「ホワイト餃子本店」

 7  戸隠流忍術・「武神館道場」

 8  清水公園 関東最大級のアスレチック

 9  匠の技 和樽職人 玉ノ井芳雄氏

10  醤油スイーツ

11  なんでも醤油

12  登録有形文化財 「懐石 あた后」

13  「キノエネ醤油」

14  世界初のいびき研究者

    医学博士 池松武之亮氏

15  野田の特産品 「枝豆」

16  川に挟まれた地形

17  せきやてつじ作「バンビーノ」の

    モデルになった「コメ・スタ」

18  世界一の変電出力を誇る

    東京電力新野田変電所

19  つけもの「坂倉」

20  高梨本家 「上花輪歴史館」

21  寿司店

22  スカイスポーツ

23  「ヘンミ刃物店」

24  「やよい食堂」

25  「輪工房」

26  野田一中吹奏楽部

27  「小峯風呂製作所」

28  「不老庵」

29  「キッコーマンもの知り醬油館」

30  舟積み問屋 「桝田屋」

その他のカテゴリー